最近、AMAZONのカスタマーレビューにおかしな日本語のレビューが多いね

AMAZON販売者

amazonで買い物をする際、あまり良く知らないメーカーの場合、特にカスタマーレビューをチェックをして購入するかどうかを決めたりしますが、最近はおかしな日本語を使ったレビューをよく見かけます。

日本語がおかしいレビューが沢山つく商品というのは、販売者がAMAZONではない場合です。一般の販売業者が、AMAZONの「フルフィルメント by Amazon(FBA)」というサービスを利用して、AMAZONに商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスを代行してもらっています。

AMZONが直接の販売をしているかどうかは、下記の表示で見分けることができます。この表示があった場合は、「○○○○○○」に書かれている会社が販売主となります。

この商品は、○○○○○○が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

カスタマーレビューを見ていただくとわかりますが、日本語が明らかにおかしい。レビューの投稿日も近い。業者がアカウントを大量につくって、レビューを書くために自費購入をしているとしか思えない。
amazonカスタマーレビュー日本語おかしいamazonカスタマーレビュー日本語おかしい

販売業者の立場で考えると、レビューが沢山ついているほうが購入される可能性が上がるので、アカウントを大量に作って、自費購入をしてレビューを書くというのをサクラとして普通にやると思います。広告費として考えれば、AMAZONに支払うフルフィルメントの手数料なんて安いもの。

しかも、購入者はAMAZONで売られているからという勝手な安心感と、販売者が誰であるかをきちんと確認しないで購入する人も多いと思うので、販売業者としては、フルフィルメントサービスを使うのはメリット大きいでしょうね。

AMAZONで物を購入するときは、必ず「誰が販売者か」というのは、必ずチェックです。
そして、レビュー投稿者の名前もチェック。

安かったけどすぐ使えなくなったという思いはしなくないですからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です