PM2.5対策のマスクには、N95規格のマスクが必要です。

PM2.5対策

黄砂に関するニュースを見ていると、それと同時にPM2.5に関する情報もでてきます。

PM2.5は、直径2.5μm(マイクロメートル)以下のとても小さな粒子です。
福岡市では、中国から流れてくる風の影響でPM2.5濃度が上昇し、マスク着用を呼びかけとなっています。

ただ、普通にマスクをつければ安心かと言えば、そうではなく、普通のマスクではこの小さな粒子を防ぐことはできません。

この小さな粒子を防ぐためにはN95規格のマスクが必要です。

N95規格のマスクは、0.3μmサイズの粒子を95%以上捕集できるマスクとなっています。
※「N95」の「N」は、「Not resistant to oil(耐油性なし)」の意味。

環境対策が不十分な中国からのPM2.5です。一体どんな物質が含まれているのやら・・・

政府広報オンライン-暮らしに役立つ情報:「『PM2.5』による大気汚染-健康に及ぼす影響と日常生活における注意点」
tenki.jp-PM2.5分布予測

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)