宇津木式スキンケアで一番フケて見えるパサパサマット肌からの脱却を!(21ヶ月経過)

ふけて見えるパサパサマット肌

宇津木式スキンケアを継続中の人、始めたばかりの人、くじけずに頑張ってますか?

私は2015年8月末頃よりスタートし、現在21ヶ月目ぐらいです。
簡単にまとめると

◆スタート時の肌質
混合肌。洗顔後はパサパサで時間経過とともに皮脂でテカテカ肌。
◆変化を感じ始めたのは1~2ヶ月経過したぐらいから
・1ヶ月ぐらい過ぎたあたりから肌のオイリー感が減ってくる。
・2ヶ月ぐらいすると、よりはっきりと肌のオイリー感が減ったをの実感。
◆3ヶ月~4ヶ月ごろ
3ヶ月目(11月)に入ってくると、肌のオイリー感が改善さてきたため、塩浴の回数も減らしました。洗顔後の肌の乾燥については、改善されてきてはいるようですが、まだまだつっぱり感が消えないため、白色ワセリンの使用はやめられません。

塩浴の回数を減らしてみたわかったことがある。それは、マラセチア菌を暴れさせないために塩浴が有効なのではないかということ。塩浴の回数を多めにしているほうが皮膚の常在菌のバランスが安定するように思います。

◆5ヶ月目ごろ
5ヶ月目(1月)になって、ついに洗顔後にワセリンを使わなくてもよくなりました!洗顔時の水温を37度にしすると、若干つっぱり感がでてしまう感じがありますが、33~35度ですると問題なく過ごせます。

つっぱり感のない肌って素晴らしい!

◆6ヶ月~15ヶ月
洗顔後の肌のツッパリ感はなくなり、安定した感じで過ごせるようになりましたが、塩浴せずにぬるま水(33~35度)だけでの期間がながいと、体調などとの兼ね合いもあると思いますが、ときどきマラセチア菌が暴れてくるようで、かゆくなったり皮膚がボロボロとはがれてくるようになることがあります。
◆16~21ヶ月
2回目の冬を迎えることになりますが、空気がどれほど乾燥しても全く気にすることなく過ごすことができました。空気が乾燥するから肌が乾燥するは全くのウソであるということをここで改めて確信。宇津木式の本にも書いてありますが「・・・湿度が10%を切っても蒸発しない・・・」は正しい。冬に肌が乾燥するということは肌が壊れている。そしてその一番の原因は洗顔です。

さらに肌が乾燥しないという以外には、油分もテカテカ肌になるのではなく適量になったことです。18ヶ月目ぐらいから気付いたのは、肌の常在菌バランスが安定してくれたのか、皮膚がボロボロめくれるというのもなくなりました。以前は常在菌が不安定になってボロボロとめくれてくるときにはときどきコラージュフルフルを使用していましたが、今ではそのようなこともなく使っていません。もしかしたら体調の変化等でまた、使うことがあるかもしれませんけどね。

最近気付いたシワがあるよりもシミがあるよりもはるかにふけて見えてしまうのが「パサパサマット肌」であるということを

これを思うようになったのは、Netflixで、とあるドラマで夫婦役としてでている二人をみたときです。男性は1956年生まれの61歳。女性は1966年生まれの50歳。10歳ほど年が違うわけですが、あのドラマでの女性は何かとても年齢以上にふけて見えてしまいました。

何がそう感じるんだろうということを考えてみると、二人が一緒の画面に映るとよくわかるのですが、女性のほうの顔がメイクのせいもあると思いますが、肌感がとてもマットで肌の滑らかさがないように見えたのが一番。

それを感じてからバスや電車に乗ったとき、街中を歩いているときに色々の人の顔を男女問わずみていると肌ケアを一生懸命やりすぎて逆にパサパサマット肌になっているのが一番ふけてみえるように感じました。

3Dソフトで極端な例になるとは思いますが、マット肌とテカリのある肌との見え方の違いです。
顔の色は同じに設定してありますが、左側はマットな質感に設定しています。

マットなほうは、少し暗く見えるのと、顔の中のハイライトになる部分が弱いので顔のメリハリが弱くなります。立体感が弱くなるということですね。
光沢&マット

ただメイクでマットな感じならいいのですが、洗顔をやりすぎてしまっている人の肌の場合は肌の滑らかさが失われている人が多いようです。

実際の人の肌でこの人のような肌ですというのはできないので、違うものでのイメージの違いを表してみます。

新品の革の財布と使い込まれた財布で比較してみましたが、洗顔のし過ぎでパサパサマット肌になった人は保湿に頼らなくてもいい肌の人と比べるこれぐらいの見た目の差がでていると思います。
パサパサマット肌比較例

これを綺麗な肌の人を実際の参考としてあげるとこんな感じ。
綺麗な肌の人

肌の断面で考えるとこういうことです。シワがあっても保湿ローションに頼らなくてもいい人の肌は、肌のカーブが滑らかです。しかし、洗顔しすぎのパサパサマット肌の人は肌のカーブががたがたしています。
肌断面イメージ

美容整形でよく見た目を若くするためにヒアルロン酸注射をする人がいますが、これは上の図でいう右の状態から左の状態にするということですよね。肌のカーブが滑らかさを保てないというのはフケ顔に見えるんです。

早くフケ顔になりたければ、洗顔フォームを使って徹底的に角質や皮脂を落とすことをすればいいですが、早くフケ顔になりたくなければ、今日からでも洗顔フォームを使った洗顔を止めるべきですね。

年をとればとるほど、正常に回復させるまでに時間がかかりますよ。

このページを読んだ人はぜひ、明日街ですれ違う人の肌を色々と見てみてください。特に地下鉄などにのって光が少ない場所にいくとパサパサマット肌の人とそうでない人の差がはっきりとでてきますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)