もみじの種を見ると幸せになる。そんなふうになれば秋だけじゃなくて春にももみじを楽しめるのにね。

もみじの種

今年の4月初旬にもみじに花が咲くことを知り、調べてみると花が咲いたあと、翼果(よくか)と呼ばれる2枚の羽のようなものがついた種なります。

花が咲いたあとのもみじに変わった形の種ができるのを楽しみにしていましたが、3~4週間経過してやっとその種を見ることができました。


4月初旬に見たもみじの花
もみじの花

そして、GW中に種ができてきているのを見つけました!新緑の中に朱色の種っていいですよね。見方によってはミッキーマウスの耳のようにも見えなくも無い。
もみじの種もみじの種もみじの種

街中にあるいろいろな場所のもみじを見ていると、種ができているものと全く種ができていないものがあります。雄雌で木の性別が分かれているのかと思いましたが、もみじは、雌雄同株(1本の木に花粉を出す器官と受粉する器官を持っている)でした。

雌雄同株だから、どの木にも花が咲いて種ができてもよさそうなものですが、どうも個体差が大きいようです。
今ふうに言うなら、もみじにも肉食系、草食系みたいな性格の違いあるのでしょうか・・・

これからは、桜のあとにもみじの種を見るというのも楽しみのひとつになったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)