肩こり、冷え性の人にお勧めしたいapro(アプロ) のショルダーウォーマーが安くなってる!


自分の肩が凝っているということを、この「apro(アプロ) 日本伝統文化「甲斐巻き」の電器毛布版 ショルダーウォーマー KWS-M201BR」を使うまでは、あまり意識したことがなかったのですが、これを使い出してからは寒い季節は頻繁に使っています。

ひとつ持っているのでいいのですが、予備としてもうひとつ購入したいと思い、時々AMAZONで価格チェックをしていたりします。
寒いシーズン前の価格で高いときは、1500円ぐらい。シーズン入って1ヶ月ぐらい入ったころ、1350円ぐらい。

それが、現在12月24日は、1100円(ブラウン)! 一時、グレーが1000円になったこともありましたが、今日改めてみてみると1100円になってました。

まだ、持っていない人は、今のこの価格が買い時かなぁ。

これをお勧めする理由は、以下の通り。

  • ボタンひとつで温度調整が4段階できる。:1レベル:グリーンランプ45度 2レベル:イエローランプ50度 3レベル:オレンジランプ55度 4レベル:レッドランプ60度
  • 120分で自動的に電源がOFFになるタイマーがついているので、消し忘れも防げるし、寝るときにも使える。
  • 価格が安い。他にある肩を温める商品を見ると2000円を超えているものが多い。
  • 電源コード部分だけはずして洗えます。

aproショルダーウォーマーaproショルダーウォーマーaproショルダーウォーマーaproショルダーウォーマー

使用するときは、ただ肩の上において、電源を指せば電源ONになりますので、あとは4段階のうち、どの温度で使用するかを決めるだけ。

身体との密着が弱いとあまり効果が感じられないかもしれませんので、その場合は、本体の上からタオルなどを巻いて、密着度を上げるといいと思います。

頭を少し後ろにそらしぎみにして、頭と肩をつけるような動きを左右でしてみた場合に、硬さ、抵抗感のようなものが違っている人は、ショルダーウォーマー試してみる価値ありです。

肩こり

これを肩にのせていると、手の指先まで温かくなってきますし、ちょっとお腹を壊したとき、冷えたときはお腹に巻いてもいいですし、冷え性の人で寝るときに手足が寒くて眠れないという人もお腹にのせて眠ると、お腹で温められた血液が全身をめぐるので手足が温まって眠りやすくなると思います。

寝るときは、本来体温は下がっていくものなので、体温が上がったままだと熟睡できなくなりますが、aproのショルダーウォーマーは、2時間タイマーがありますので最初は体温あげて眠りやすくして、そのあとは体温が下がっていくということができます。

テルモ体温研究所:睡眠と体温

また、体温が1度下がると免疫力が30%低くなるという話もよく聞きます。身体を動かして血液をしっかり循環させて体温を上げるというのがいいのでしょうが、手軽に体温を上げたいという場合には、ショルダーウォーマーを使うというのもひとつですね。

サワイ健康推進課:体温を上げて免疫力アップ

その他に、免疫力を上げる方法として、入浴で、ヒートショックプロテイン(HSP)を増やすというものです。ヒートショックプロテイン(HSP)は、身体の修復や、免疫力の強化などの機能が高いタンパク質で、身体に熱のショックを与えることによって体内で作られる量が増えます。

熱のショックと聞くと、ちょっと怖い感じがしますが、40~42度のお湯に20分ほど使って体温を上げてあげるという簡単なもの。40~42度で入浴して、ヒートショックプロテイン(HSP)の効果が最大になるのが2日後といわれていますので、毎日する必要もなく、週2~3回でOKです。

バスクリン:ヒートショックプロテインで元気になろう
日経ウーマンオンライン:入浴+しっかり水分補給でお肌ぴかぴか!免疫力もアップ!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 「*」は、必須事項です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)