塩25kg大人買い・・・塩浴継続中


塩浴を始めだして、もうすぐ1ヶ月になりますが、朝晩で使用する塩の量が約300gぐらいなので、数kgパックのものを何度も購入するのも面倒なので、amazonでさらに探してみると25kgの袋で売っているのがみつかったのでそちらを購入

鳴門うず塩 並塩

最初に塩浴用で買ったのが、4kgで1,000円ぐらいのものだったので、毎日大量に使うとなると結構コストがかかるかなと思っていましたが、業務用の25kg袋入ってのがありました。4kgで1,000円ぐらいという感覚があったので、25kgだと5,000円超えちゃうかなと思いましたが、価格を見てみればなんと2,000円程度。しかもAMAZONプライムで配送料が無料。

この「鳴門塩業 並塩(原料:海水)」の商品説明を読んでみると

徳島県沖の海水を使用した業務用のお塩です。
スタンダードなウェットタイプの塩です。溶解性、付着性に優れ、食品加工用から工業用まで幅広くご利用いただいています。 漬物、味噌、醤油、水産、麺類、調味、加工食品、精糖などにご使用いただいています。
海水のろ過・膜濃縮・煮詰めの3ろ過工程で海水の不純物を分子レベルまで除去。 食用塩の安全を守り、品質を高める日本独自の膜濃縮製塩法で塩を作っています

となっていたので、塩浴にも安全に使えるかなと思い購入。

届いてみると、さすがに25kgは重い!でも、これでたっぷりと毎日使えます。

1日で約300gぐらいを使用するので、25kg袋を買うと、25kg/0.36kg/日=約70日の2,000円/70日=約29円/日というコストパフォーマンスのよさ!

夜に使うときは、1回でこれぐらいです。30ccの軽量スプーン1杯が約40gです。下の写真のもので6杯240gの塩になります。これをたらいに溶かしてジャブジャブと体を洗います。

塩浴

他に塩浴をされている人のブログなどを見ると、肌に合わずにやめちゃいました~という意見もありますが、そのような場合には下記の方法をお勧めしたい。

塩浴をはじめようとする人は、今の自分の肌に何かしらの問題(乾燥、脂性肌、ニキビ肌、アレルギー肌、アトピーなど)があると考えている方が多いのだと思いますが、ネットや本に書かれていることをまじめに毎日実践しようとすると、塩の刺激が強すぎる場合もあります。

そんな場合には、まじめにやりすぎず、条件を変えながらしてみてください。

  • 朝晩に塩水洗顔、塩浴していて刺激が強いと感じるなら、朝、晩のどちらかのみにする。
  • 毎日ではなく、一日おきに塩浴をする。
  • 塩分濃度を下げる。
  • 塩水を体につけるときに、強めに手で塗りつけるのか、やさしく塗りつけるのか、手があまり体に触れないようにして塩水を体に流すというように、強弱を使い分ける。

私の場合、塩浴をしてそろそろ1ヶ月になりますが、最初の一週間ほどは、塩浴すると皮脂が落ちすぎるのか、肌がバリバリになったので、夜だけにして毎日ではなく1日、2日あけたり、塩浴しないときは、お湯だけで体を洗うなどして、肌の調子に合わせて実践してました。

変化してきたことは、塩浴したあとの肌のバリバリ感が改善してきたこと、そして一番大きいのは、洗顔後は乾燥肌で時間がたつとオイリー肌だったのですが、このオイリー肌になる状態がかなり改善したこと。それまでは夕方になると、顔のテカテカがすごかったですが、皮脂がでる量が調整され減ってきているのが実感できてます。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 「*」は、必須事項です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)