小さいリンゴのような実、それはクランベリーの実でした

クランベリー

大阪ステーションシティーのノースゲートビルディング上部にある「天空の農園」に行くための階段途中壁面に植えられていたなんともかわいい小さいリンゴのような実がなる植物。

今まで見たこともなかったので名前もわからずとりあえず写真をパチリ。

クランベリークランベリー

帰ってきてから、写真と同じものを探してみるとヒットしたのが、「クランベリー」(Cranberry)でした。写真に写っている実は、黄色いのがほとんどですが、熟せばきれいな真っ赤な実になります。

木の特徴は、常緑の低木で寒さに強く、暑さに弱い植物。その実は、酸味が強いので生食には向かず、ジュースやジャムに適している。鉢植えする場合は、7号程度の鉢に酸性の用土を準備する必要があるということです。

土を酸性に管理するのって、今までにしたことがないからなぁ。ブルーベリーも同じように酸性の土が必要なので、ブルーベリー用で販売されている土を使えばよさそうですが、もうちょっと調べてみてクランベリー栽培チャレンジしてみようかな。

風の広場の写真

大阪ステーションシティー 風の広場

天空の農園に行く途中の階段からの写真。中央に写っているのは、梅田スカイビルです。

梅田スカイビル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)