あかん、ラベンダーの挿し芽全部ダメやった・・・

ラベンダー挿し芽

GWに植えていたラバンディンラベンダー。花も咲いて、だいぶん大きくなっていた。

育て方のページなどを見ていると、高温多湿には弱いということで暑い夏を乗り越えるためにはすっきりと刈り込んであげたほうがいいと書いてる。

刈り込んだ枝部分を、挿し芽に使えるかなと思い、挿し芽ようの土を買って、切ったあと水を吸わせてから土に植えてみる。

30本ほどを植えてみた。

ラベンダーの挿し芽

これをやる以前、アップルミントの挿し芽をやって簡単に根付いてくれたイメージがあったので、ラバンディンラベンダーも簡単に根付いてくれるかなぁと甘く考えてましたが、全然だめだった。

数日で、葉や茎が黒っぽくなってきて、何本かでも残ってくれればと期待しましたが、期待むなしく全滅でございます。

枯れた分は、抜いてアップルミントの挿し芽にしました。1本だけこんな感じで枯れてますというのを残して写真撮ってますが、このあと抜いて、アップルミントを挿し芽します。

ラバンディンラベンダーの挿し芽

ラベンダーの香りが沢山する庭を目指したいので、またラベンダーの挿し芽に関するページを色々と探してチャレンジしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)