Androidアプリ「MyTracks」で、ランニングのモチベーションアップ!


以前より糖質制限を心がけた食事をしていたものの、やはりデスクワークが長くなって運動量が減ってくると体重が微増してくる。
久々に体重計にのって見れば、おっ、やばい!思ってたよりも増えている。
ということえ、9月に入ってからジョギング&ランニングを開始。
いつもは、スマホに入っている歩数計で管理してたんだけど、もうちょっとなんかモチベーションが上がるようなものはないかと探してみるとGPSロガーという言葉に気付く。
「GPSロガー」とは、言葉の通りなんですが、GPSでログ(記録)を取るというものです。


amazonなどで、調べると下のようなGPSログを取る機能だけの製品が売っていたりします。色々とあるようで、どれが一番いいのかってのは、まだ調べ中なのですが、いずれこれも使ってみたいと思っています。

色々と調べているときに、ふと思いついたのが、そういえばスマホにもGPS機能ついてるからそれでログ取れたりするのではということ。
Google Play ストアで調べてみると、1,000万以上ダウンロードされている「MyTracks」というのを見つけて、評価も良さそうなのでインストール。
My Tracksのアプリの説明は以下のようになっています。

My Tracksでは、ウォーキング、ランニング、サイクリングなど、アウトドアで活動中の経路、速度、距離、標高を記録できます。記録しながらリアルタイムのデータを表示したり、経路に注釈を付けたり、進行状況の音声アナウンスを定期的に聞いたりすることができます。 My Tracksを使用すると、Googleドライブでトラックを同期、共有することができます。共有機能では、友だちとトラックを共有したり、友だちから共有されたトラックを表示したり、トラックを一般公開したり、Google+、Facebook、TwitterなどでトラックのURLを共有したりできます。Googleドライブに加えて、Google Maps Engine、Googleスプレッドシート、外部ストレージにもトラックをエクスポートできます。 My Tracksは、お使いの端末のGPSセンサーを使用して地理や速度の統計情報を記録しますが、以下を含むサードパーティ製生体センサーとも同期します。

インストール後、どれぐらいのものなのかと思い、仕事の移動中にアプリを稼動させてみる。
最初に地図、トンネルに入るとさすがに地図上のデータは取れませんが、きちんと移動した位置が地図上に記録されています。

グラフの標高と速度というのも面白いね。

5時間ほど、ログを取ってましたが、距離、時間、速度など数値でデータを表示してくれます。
こういうデータを見てると、ウォーキングやジョギングなどで、平均速度をもっと上げるように頑張りたいなどモチベーションを上げるのに役立ちそうです。

これを実際のジョギングなどで使ってみると、山の中を走ってみましたが、精度よくログ取れてますね。
線が二重になっていますが、往復するときに、道の左側を走ったり、右側を走ったりで、ちゃんと線がずれています。

行きは、ほぼ上り坂のコースなんですが、傾斜がきつく、まだ走り続けて進む脚力がないため、歩きになったりしてると速度も落ちていたりとそれもきちんと記録されていますので、目標はこれを速度落とさずに走ることですね。

統計情報では、約12kmで2時間。目標は、このコースを1時間半で往復だな。

脚力を上げてやってみたいことは、100kmウォーキング&ラン。関西で分かりやすく100kmぐらいのコースを分かりやすい道で考えてみると大阪駅を基点にして国道をメインにしてルートを設定してみると下の地図のようなコースになります。




100kmマラソンをネットで調べてみると、色々と大会がでてきますが、制限時間が13時間以内ってなってたりするんですよね。さすがにそんな時間で走ろうとすると結構な準備期間がいると思うんですが、ゆるい目標設定として、100kmを24時間以内だね。

大きな地図で見る

関西から近いところで100kmマラソンを探してみるとと「国際親善プレ大会 第14回 2014歴史街道丹後100kmウルトラマラソン」なんてのがありました。開催は9月14日だからもう終わってるけどね。
遠いところだと、
サロマ湖100kmウルトラマラソン
北オホーツク100kmマラソン
チャレンジ富士五湖
とか、
もっと長い距離だと
ULTRA-TRAIL Mt.FUJI
というのがありまして、これなんかは168km(48時間制限)というびっくりするような距離です。
いやぁでも、いつかこんな大会でてみたいね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 「*」は、必須事項です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)