ちはやふる-京阪電車のラッピング電車

お仕事で、滋賀県の琵琶湖の湖西エリアへ。
大阪方面から電車に乗り、JR山科駅で乗り換え、京阪電車でまずは、浜大津駅へ移動。
そこで電車を待っていると、見慣れぬ色使いの電車がやってきたと思えば、「ちはやふる」のラッピング電車でした。
「ちはやふる」は、私もちらっとだけアニメを見たことがありますが、競技かるたのお話しです。競技かるたと言えば、お正月のときにニュースなどで流れるぐらいのものでしか見たことがないので、面白さとかいうものをあまり考えたこともなく、そういう季節なんだなというぐらいのもの。
日テレ:ちはやふる  / 講談社コミックプラス:ちはやふる


でも、競技含めたその前後の人間関係や気持ちを見ていると、自分もちょっとやってみたいなんて・・・
最初電車が来たときは、わぁ~すごいなぁ~と見とれていると写真を撮ることを忘れてしまい、そのまま車内へ。

なんと、車内にもラッピングがされてました。

手すりのところには、百人一首の歌が書かれています。

乗るときは撮れなかったので、降りてから外側の写真を。まぁ、ちょっと角度がいまいちなのでわかりずらいかもですが。


帰りがけに見かけたのは、これまた違う白黒パンダカラーのパトカーのラッピング電車が。京阪電車のサイトで、ラッピング電車について検索をかけてみると、大津線を走っている電車は2両編成なので、いろいろとラッピング電車を走らせているみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)